« つれづれなるままに… | トップページ | 夜明けの海 »

2013年3月 6日 (水)

ラファエロ展

ようやく春の到来を感じさせる、おだやかな晴天。
今日は久々の平日休みで、朝ささっと家事を済ませ、
懸案だった確定申告も無事に終わったので、
ふと思い立ち、上野へ出かけてきました。

美術館には、ひとりで行くのがイチバン!

行く前に軽くググってみると、西洋美術館でラファエロ展を開催中。
「ラファエロ」という名前にはピンとこなかったけど、PRに使われていたきれいな絵(大公の聖母)を見て興味が湧き、鮮やかなオレンジ色のスプリングコートを引っ張り出して、さっそく出かけてみました。

Dsc_0703

展示会場は、ある程度は人がいるものの、嫌気が差すほどの混雑ぶりではなく、ひとりで観賞していても目立たない。

数分待てば、絵画の正面でじっくり観賞できる環境が整う。

こういう美術展は、いいです。

ラファエロの絵画は、今回、初めてじっくり拝見しました。

展示されていたのは人物画ばかりでしたが(ひょっとしたら、ラファエロは人物画ばかりを描いたのかな?)、肌の描き方は、素人目にも「すごいなぁ」と感じたほど。
滑らかで柔らかい。そんな手触りを想像するに容易なほど、繊細に描かれているのに惹かれました。

それに、瞳。

描かれた年代で少しずつ瞳の描写が異なり、それがとても興味深かったです。
孤児となった経験からか、10代に描かれたものは、瞳がさみしそうで、拗ねている。
20代半ばになると、ラファエロの活気が伝わるかのごとく、瞳がやさしく、楽しそう。
30代は商業画家の傾向が強くなったのか、人の肌に力強さが加わってきていて。

そんな風に、素人目線でいろいろと考えつつ、
美術展を楽しんできました。

|

« つれづれなるままに… | トップページ | 夜明けの海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11263/50620040

この記事へのトラックバック一覧です: ラファエロ展:

« つれづれなるままに… | トップページ | 夜明けの海 »